釣れずれなるままに

福岡市近郊のライトゲーム中心です。ショア専門。釣りに行けないときは竿つくり!

LG5917 テスト

LG5917のテストしてきました(^^)



初おろしの釣行のわくわく感はたまりませんね(^ω^)

尺アジ釣れたらどうしよう


日曜日は猫の島。


天気:雨 小風

時間:8:00-10:30

潮:大潮


結果:アラカブ10匹前後(極小)


もうどうしようもないですね。


アジがいません。周りにサビキ、アジンガーがいらっしゃいましたが「釣れてません」だそうです。




まじめに記事を書くと前回と同じ記事になるので、過去記事を見てください(^ω^)


あ、でも希望の光は見えました。ジグ単は無理そうですが、来週試してみます(^^)




月曜日はメバリングに行って来ました。


時間:19:00-22:00

天気:晴れ 無風

潮:中潮



状況は最高のコンディションです(^^)


今回はきっと入ってるはず。



干潮前でしたので、鉄板の磯からプラグで調査。

潮目も出てていい感じ



まずはフローティングから。





まぁ、トップは差が激しいからね(^ω^;)

しようがないよね、



じゃあ次はシンペン!

まぁ大丈夫でしょう。





あれれー?



今年のメバルちゃんは活性が低いのかな?

(^ω^;)



ワームなら


きっとワームなら







もうね、どうしろと?


持参したありとあらゆるリグを潮目、ヨレに投げ散らかしましたが反応はありません


オワタ\(^o^)/


もう帰ったろかと思いましたが、足が言うことを聞いてくれません。





とりあえずテクテクと漁港内に戻り


いつものテトラ帯からルーティン開始


もうテストどころではありませんね。


ボウズがこちらを手招きしてます。




テトラ帯を投げ散らかしますが


華麗にスルー






あばばばばばば





その後、常夜灯に到着。


祈るように藻帯に投げ込みます。

もう完全にボウズ逃れの情けない釣りです




「神よっ!オレに祝福をっ!」



…コン!


きたぁーーー!…え?



やあ (´・ω・`)っ )3

まずは落ち着いて欲しい。


うん、「また」なんだ。済まない。

仏の顔もって言うしね、謝って許してもらお うとも思っていない。


でも、僕を見たとき、君は、きっと言葉では 言い表せない

「ときめき」みたいなものを感じてくれたと 思う。

殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れ ないで欲しい、そう思って

わざとを釣られたんだ。


じゃあ、リリースしようか




納竿!


※インプレは後日まとめて記事にします

LG5917 ビルド

もうすぐ完成になります(^^)

コーティング渇き待ちなう。



ブランク:マグナムクラフトLG5917

長さ:5.5フィート

重さ:51g

ティップ:チタン1.5-0.7 オリジナルテーパー

ガイド:8ガイド オールトルザイト


アジングロッドビルド界では超メジャーなLG5917で組みました(^^)

30tカーボンでしなやかなブランクスですが、バットパワーもあり、丈夫。

パワプロでいう、オールB選手みたいなブランクスです。


ビルダー様の方々の意見としては、「ザ・中途半端」

言い換えれば万能君。


わたくしは好きなブランクスです。


作りやすく、よっぽどのことをしない限り失敗もないのでビルドを始めた方にはとりあえずおすすめしてます(^ω^)


ベントカーブ


まだ仮止めの状態で撮影してますが、こんな感じです。

カーブが綺麗だと気持ちいいですよね。



重いですねー\(^o^)/


今回は画像を見せつけられ、こんな感じと限定されるくらいにデザイン重視なので、重い物をわしゃわしゃ使ってます。


あとはお楽しみのテスト釣行(^ω^)

今週末行ってきます。

sm8325 インプレ in相島

今回は日中での最終テストになります(^^)


東方面でアジならここしかない!



早朝ならまだ新宮でも釣れてるみたいですが、早起き&短時間時合ではテストどころではありません。


…完全にブログをはじめる時期をミスりましたね。


ということで、行ってまいりました。


時間:8:00-13:30

潮:大潮

水深:10m~

風:ときどき無風


現地に到着後すぐ、生け簀カゴから大量の中アジをクーラーボックスに移すおじさまの姿が‼(おそらく50匹ほど)



イケる!今回こそは安泰や!

不安も吹き飛び、キャストにも力が入ります。


バッチン!高切れです。


ここのポイントは波止からの水深も深く10m~あります。それに加え潮も早い。


もちろん使うリグもジグ単体なら1.5g~になりますのでライン、ロッド共にそれなりの準備する必要があります。


てすが!


今回は5フィートロッドのテストです。


あれこれ持っていくと、使ってしまうのでこれ一本しか持ってきてません。


もちろん、エステル0.3号(^ω^)


キレたラインにリーダーを結び直し、丁寧に底をとっていくと…


ブルン!



カサゴ「おはようございます(^^)」


ブルン!



カサゴ「おはようございます┗(^ω^)┓」


ざわ…ざわ…


嫌な予感っ…!



あ、ロッドの感覚なのですが、水深10m以上での1.5gも問題なく使えました。

1.75gから重く感じました。

あと0.3号エステルでの高切れがあったので、

シュビッ!とした気持ちいいキャストをしたいならエステル0.3号の1g以下、エステル0.4号の1.5gくらいかと。


アタリ感度としては、水深10m以上での極小アタリもハッキリ取れてます。乗らなかったですが…


お隣に少し強めのアジングロッドを使ってる方がおられましたが、アタリ感知、乗せ率共にsm8325が良かったです。

6フィート以上のロッドでしたので、比較するのはどうかとは思いますが…



その後、カサゴ様の猛攻にうんざりし、漁港内をテクテク歩いてランガンしていくと


ブルン!


あぁ~(^q^)


きました。アジ。久しぶりの極小。


顔をタコ殴りされた感がありますが、紛れもないアジです!


始まったぞ!勝負はこれからや!

ブルン!


カサゴ「こんにちは\(^o^)/」




納竿!



結局お昼までに


アジ(小) 1匹

カサゴ(小) 十数匹


お昼からはカサゴ様もお疲れのようで まったく反応がなくなりました。



ここも早朝だけなのかもしれないです ねー。

早朝に来れないのがくやしいです。



今回、ロッドパワーは計れなかったですけど、以前の制作テストから尺アジクラスの抜きあげなら問題ないかと。

ぶらんぶらんさせるのはどうかと思いますが、まあそれはジグ単仕様のロッドならどんなものでもまずいとは思いますけど。


ロッドの仕様的には静よりは動が向いてる感がありました。

もちろん、潮の流れも感じますが、ajx5917,lg5917よりかは劣ると感じます。もちろん、自分感度的にはですが。



帰りの船の中、朝大量のアジをかかえ帰って行ったおじさまのドヤ顔を思い出しました。



(↑まじでこんな感じ)


しばらく忘れられなさそうです。